NPO法人 京都どうぶつあいごの会 活動日誌

守ろう!みんなで 小さな命を!(Save the life of our little friends)

プチ動物愛護活動の足跡

招きや プチ動物愛護活動の足跡

1(サバ猫)
自宅前の団地にて野良猫を保護
去勢手術をし、リリースし「ポッポ」と名づける団地の奥さんと小学生の男の子二人がご飯をあげ地域猫とする
2(柴犬)
自宅近くの資材置き場にて生後2カ月位の柴犬(♂)を保護
里親さんの元へ
3(アメショ)
ご近所の方より保護の依頼を受け里親を探す
「金太」名づけられたが第の2の家で「キキ」と改名され現在も健在
4(クロ猫・キジ猫)
骨董のオークション会場に人の手で捨てられていた生後4カ月位の猫の兄弟を保護
「ジジ」「武蔵」と命名し我が家の子となる 「ジジ」2006年に永眠し「武蔵」は健在
5(三毛猫)
ジョキングコースで箱に入れられて捨てられていたところを保護
生後3カ月位の三毛猫「協子」と命名し我が家の子になり2008年に永眠する
6(サバ猫)
八条通りを渡ろうとしていた仔猫を止めたら店に入ってきてそのまま保護
 先住猫が感染症になり姉に里親になってもらう 「U子」と名づけ2008年に永眠する
7(ペルシャ猫)
左京区吉田神社前にてケガをしている猫を保護
年齢不明かなり衰弱していて入院後3日目に永眠 「松」と名づけ我が家の墓で眠る
8(サバ猫)
店裏のゴミ収集場所にて保護
生後2カ月位のメス猫「六兵街」と名づけ里親さんの所で幸せに暮らす
9(三毛猫)
 店前にてカラスにいじめられている生後一月ほどの子猫を保護
衰弱していて入院したが数日で永眠 「カラス」と名づけ我が家の墓で眠る
10(茶サバ猫)
 自宅ガレージにいつの頃からか住みつく
避妊手術をし病気の時は治療もする 「茶たろ」名づけ2007年に永眠
11(赤キジ猫)
 店裏にて生後2カ月位の子猫を保護
「トラ吉」と命名し我の子となるが先天性の病と闘い7カ月後に永眠
12(ロシアン)
 店裏の公園で生後2カ月位の子猫を保護
 「桜子」名づける のち里親の元で「グレー」と改名し現在も健在
13(ブチ猫)
 自宅裏に夕方のみ来るブチ猫 当初息子を連れていたが息子は近所のお家で暮す
 母のみ当家にのこる 避妊手術をし「ブチ子」名づける
14(チンチラ)
 自宅近くのスパーにて生後1才位のチンチラを保護
 現在「招児」と命名 我が家の子となる
15(クロ猫)
 梅小路公園にて1カ月位の子猫を我が家の犬が保護
 現在「財留」と命名し我が家の子となる
16(三毛猫)
 梅小路公園のミケネコ 推定2才避妊手術をし、リリースする
現在園内で元気に暮らす
 
 
約15年での保護活動です。
微力だったのでしてあげれることが限られていて悔しい思いをしてきました。
こんなミニ活動が集まればでっかくなれます。
でっかくなればできる事も増えます。
助けられる犬や猫も増えます。
どうかご協力下さい。
お力をお貸し下さい。
 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/09/20(月) 17:35:03|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飼い主の無知は虐待だ | ホーム | 梅小路公園捨てられた子猫「財留」我子に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotodak.blog116.fc2.com/tb.php/53-5e66557d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)