NPO法人 京都どうぶつあいごの会 活動日誌

守ろう!みんなで 小さな命を!(Save the life of our little friends)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬・猫の里親譲渡までの流れと費用

2015年4月より里親譲渡の条件が一部変更になりました。
変更箇所:単身者の里親譲渡はお受けする事が出来なくなりました。


NPO法人京都どうぶつあいごの会

犬・猫の里親譲渡の条件(会員様専用)

1. 当会に賛同して頂き会員として入会して頂ける方

また、動物の飼育は、金銭的なゆとりのある方でないと、お互いが不幸になると考えます。里親様になる方には、万が一のケガや病気の際には、きちんとした医療処置を施していただける方にお願いしたいと思っています。

2. 手渡しでの譲渡が出来る地域にお住まいの方

(遠方はお断りする場合もございます。ご了承下さい。)

3.齢者(60歳以上)の方はご家族又はご友人(50歳以下)の保証人が必要となります。尚、単身者は不可です。

4.ペット可の住居にお住まいの方

賃貸住宅にお住みの方は、譲渡の際に賃貸契約書を拝見させていただきます。

5.身分証の提示が必要となります。(取り扱いは会の個人情報保護方針に準じる)

6.終生飼育をお約束できる方

7.完全室内飼いの徹底ができる方

8.不妊手術を承諾して頂ける方

成犬、成猫の場合は検査・ワクチン不妊手術後にお渡しします。幼犬、幼猫場合は譲渡後に検査・ワクチン不妊手術を当会で行います。(里親様が実施された場合はワクチン不妊手術の証明書を提出して頂ければ預かり金から規定額を返金いたします。)

9.先住犬・猫が居る場合は事前に「検査」「ワクチン接種」をして頂ける方

10.年1回のワクチン、予防薬、予防注射、ケガや病気の際の適切な治療をして頂ける方

11.年1回以上の近況報告をして頂ける方

12.譲渡犬・猫の譲渡費用(寄付金)の負担の承諾して頂ける方

犬・猫里親譲渡費用(寄付)に記載通り

犬・猫の里親譲渡の費用(寄付)

仮譲渡期間中(2週間程度)は全額預かり金扱いになります。

保護した犬・猫を検査、治療、不妊手術(幼犬、幼猫は除く)をした上で適切な方にお渡しいたします。

譲渡の際には、検査、ワクチン接種、不妊手術などの費用を寄付として頂いております。

この費用(寄付)を当会の活動費用にあてさせていただくことで次の1頭を救うことができますのでご理解とご協力をお願いいたします。

※注意:助成金などを使用した場合でも今後の救済活動に協力して頂く意味で下記の費用を寄付して頂きたくお願い致します。

猫の譲渡費用(寄付金) オス25,000円~  メス30,000円~

(ウイルス(FeLV FIV)検査1回-2回・ワクチン1回-2回・不妊手術)

(ウイルス検査・ワクチン・不妊手術が済んでいない幼猫の場合はウイルス検査1回5,000円・三種混合ワクチン15,000円・去勢手術10,000円・避妊手術15,000円の費用をお預かり致します)

犬の譲渡費用(寄付金) オス30,000円~  メス40,000円~

(血液検査・ワクチン・不妊手術) 狂犬病予防注射と登録は里親様が行って下さい。

(血液検査・ワクチン・不妊手術が済んでいない幼犬の場合は血液検査・ワクチン・不妊手術などの費用をお預かり致します)

運搬費用、京都市内は基本的に無料とし他の地域は有料とします。

※犬・猫の譲渡後も本会と連絡を取って頂きその後の状況などをお知らせ下さい。

譲渡規約の記載に違反の有る場合は犬・猫返還を求める場合が有ります。

(内容については予告無く変更する場合が有りますのでご了承ください。)               2015.4改訂


スポンサーサイト

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

  1. 2015/04/14(火) 00:24:29|
  2. 里親譲渡について

犬・猫の里親譲渡規約

NPO法人京都どうぶつあいごの会

・猫の里親譲渡規

 

私は、下記の約束を守り、譲渡された犬・猫に愛情と責任を持って健康管理を行い、家族の一員として飼育することを誓います。

1.仮譲渡期間中(2週間程度)について

本日の譲渡は「仮譲渡」であり、「仮譲渡期間」となります。

仮譲渡期間中及び正式譲渡以後においても犬・猫の所有権はNPO法人京都どうぶつあいごの会(以下会と呼ぶ)にありますが、飼育責任者は、たとえ仮譲渡期間中及び正式譲渡後であっても、里親様になります。

期間終了時に問題が無ければ自動的に正式譲渡になります。

問題等の発生した場合は譲渡不成立となりますので、その場合、犬・猫をへ返還してください。

また、犬・猫が新しい環境に慣れる数カ月間は、こちらから近況を依頼する場合があります。その際には、宜しくお願いいたします。

尚、期間中に万一事故が起きた場合は、たとえ深夜であっても必ずご一報ください。

仮譲渡期間中に犬・猫が死亡してしまい、その死因に明らかな不審点があった場合は、その責任として獣医師の死亡診断書を取らせていただきます。

つまり、健康な状態でお渡しした犬・猫が、短期間で死亡するという不測の事態に対して、虐待の疑いを掛けられるのはいうまでもなく、としましては、損害賠償請求をさせていただく所存です。

 

2.犬・猫を返還していただく特殊事例

の判断で、譲渡した犬・猫の飼い主としてふさわしくないと思われる時や、譲渡規約に違反した場合、お互いの信頼関係が損なわれた場合には、仮譲渡期間終了を待たずに譲渡した犬・猫の返還を求めますので、速やかにへ犬・猫を返還してください。

さらに、虐待や他の目的(実験動物取扱業者や皮革業者、等への納入)のため里親になると偽り、犬・猫を騙し取る詐欺行為があった場合は、詐欺に対する法的対処を行います。

また、虐待行為、放置虐待(給餌や世話等をやめる行為)があった場合は、「動物の愛護及び管理に関する法律」違反として法的対処を行います。

上記においては、期間の限定はありません。

以上、仮譲渡を含む譲渡の際の約束が守られていない場合は、譲渡は不履行となります。

 

3.正式譲渡後のお願い

毎日の食事と水、清潔な環境での生活などの日常の飼育の他、年に一度のワクチン、適切な時期の不妊手術など、迅速で適切な治療、猫の健康へのケアをお願いします。

2)猫は完全室内飼いで飼育し、外には出さないようにお願いします。

獣医等の外出移動の際には、事故のないようにキャリーバッグに入れてください。

新しい環境に慣れるまでは充分注意をして、適切な配慮を行ってください。

3)何らかの事情が生じ、犬・猫の飼育が困難になった場合、遺棄や動物愛護センターに持ち込むことなく、速やかに会に連絡することをお約束願います。

4)賃貸住宅にお住みの方は、譲渡の際に賃貸契約書を拝見させていただきます。

5)住居を転居された場合は必ず、新しい住所・連絡先を必ずお知らせください。

6)正式譲渡の際には、検査・治療・ワクチン接種・不妊手術・飼育などの費用の一部を寄付として頂いており

ます。

7)終生、犬・猫の飼育者としての愛情と責任を持ち、家族の一員として心を配り、上記の約束を守っていただきます。

 

4.ウイルス検査・ワクチン接種が済んでいない子犬、仔猫の譲渡について

1)犬や猫の飼育経験者で有る。

2)会から要望があれば速やかに近況報告が出来る又は訪問が出来る。

3)犬、猫の健康状態が優れない場合は速やかに会に報告し会から要望が有れば会に返還する。

(内容については予告無く変更する場合が有りますのでご了承ください。)               2014.4改訂

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

  1. 2010/12/16(木) 19:25:11|
  2. 里親譲渡について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。